自動車保険 相場

車両保険をどうする? まずは内容のおさらいを

車両保険は、事故などで自分の車が損害を受けた場合に補償される保険です。

交通事故に限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けた時も補償され、装備品も補償の対象となります。

任意保険の中で自分の車への補償が行われるのは車両保険だけです。

■車両保険の3タイプ

車両保険には、補償範囲の違いにより3つのタイプがあります。

@ 一般車両保険

もっとも補償の範囲が広いタイプで、「自損事故、他車との事故、当て逃げ、転落・転倒、盗難、台風・洪水、火災・爆発、落書き、いたずら」のすべてが対象となります。

A エコノミー+限定A

一般車両保険から、「自損事故、当て逃げ、転落・転倒」が除かれたタイプです。
補償範囲が狭くなるのでその分保険料は一般車両保険よりも安くなります。
自爆事故や当て逃げの場合はあきらめるという場合、一般車両保険は支払いが厳しいがエコノミーでは補償範囲が心配だという場合などに適しています。

B エコノミー

「他車との事故」だけに補償範囲を限定したタイプです。
相手が車であり(二輪・原付を含む)かつ事故の相手が特定できる場合のみ保険金支払いの対象となります。
保険料は3種類の中で一番安くなりますが、補償範囲はもっとも狭くなります。

■免責金額で保険料が違う

「免責金額」というのは、事故等の損害額のうち契約者が自分で負担する金額のことです。

免責金額が違えば同タイプの車両保険であっても保険料が違ってきます。

車両保険を考えた方がいい場合

次のような事情の場合、また似たような事情の場合は車両保険への加入を検討することになるでしょう。

@ 高額な新車を購入した場合

高額な自動車を新車で購入する場合は、事故での損害額も大きくなりますし車への愛着もあるでしょうから車両保険を検討した方がいいかもしれません。
車両保険タイプの選択や免責金額の設定は予算との兼ね合いで決めることになるでしょう。

A ローンで自動車を購入した場合

新車でも中古車でもローンで自動車を購入する場合は車両保険に加入するべきでしょう。
万が一、事故で車が全損(廃車)になれば、車がなくなってローンの支払いだけが残るということになります。
車両保険に入っていれば、最悪でもローン残金は車両保険で清算できます。
全損までは行かない場合でも、修理費のため再度のローンが不可能なことを考えればやはり車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。

B 仕事や通勤で自動車が欠かせない場合

自動車が使えなくなると直ちに仕事や通勤などに支障が出るという場合、車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。
車両保険と同時に「代車特約」を付けておけば、万一の事故で自動車が使えなくなっても安心です。

車両保険…通常の場合どうすればいいのか

ローン購入など特別な場合は分かるとして、普通の人の場合でもやはり車両保険は加入するべきかどうか迷う場合が多いかも知れません。

簡単に言えば、万が一事故を起こしても自分の自動車の修理費を用意できるなら車両保険は必要ないといっていいでしょう。

この辺は人によって千差万別ですから一概には言えないことになります。

中古車で車両価値が10〜20万円程度なら車両保険を考えないが、新車(70〜120万円)であれば加入しようという人もあれば、自分の車のことだから、割高な車両保険をかけるくらいならその分を貯金しておいた方が良いと考える人もいるでしょう。

車販売店など自動車保険代理店は当然車両保険をすすめるでしょうが、要は自分の支払い能力、車の価格・用途などを考えて、それそれが判断するべきものなのかもしれません。

そして、車両保険を付ける場合でも、まずは「エコノミー+限定A」を検討するのが通常の場合現実的かも知れません。


※クルマのはなし一行メモ
多走行車を下取りに出すと損をすることになりますよ。
一括査定を利用して様々な業者に査定を依頼してみましょう。
海外向けなどにきっと結構な値段がつくことでしょう。

自動車保険の相場  安いのを選ぶのに何の問題もないメニュー